重要:国保の加入要件 在留期間「3か月超」に変更

  • 2012.08.12 Sunday
  • 13:20
 留学生新聞ニュース
2012.7.31

■国保の加入要件 在留期間「3か月超」に変更

 留学生(短期留学生を除く)等、日本に中長期間に渡り在留する外国人は、居住する市区町村で国民健康保険(国保)に加入しなければならない決まりとなっているが、新たな在留管理制度と在留カードの導入に伴い、国保の加入要件にも今月から変更が生じている。

 従来までの加入対象者は、外国人登録を受け1年以上の在留期間を決定された者か1年未満であっても通算1年以上日本に滞在する外国人とされていたが、改正入管法の施行に伴う国民健康保険法施行規則等の一部改正により、平成24年7月9日からは国民健康保険への加入対象者が下記のように変わっているので、関係者は注意が必要だ(平成24年厚生労働省令第7号、同省告示第23号)。

【国民健康保険の加入対象者(外国人)】

(1)中長期在留者(在留期間が3か月を超える在留資格を持って住民登録をしている者)
(2)特別永住者、一時庇護許可者又は仮滞在許可者、出生による経過滞在者又は国籍喪失による経過滞在者
(3)厚生労働大臣が別に定める者

 また、上記(3)の具体的な対象者として「3か月以下の在留期間を決定された者であっても、資料等により、当該在留期間の始期から起算して3か月を超えて滞在すると認められる者」が別途定められている。

 つまり留学生の場合は、所持する在留資格「留学」の在留期間が3か月を超える者か、3か月以下であっても在学証明書等により、3か月を超えて本邦に滞在すると認められる者は、いずれも国民健康保険の加入義務が生じることになる。

 一方で、留学生やその「家族滞在」者等で、付与された在留期間が「3か月」の場合は、国保の加入要件を満たさないので注意が必要だ。

スポンサーサイト

  • 2018.07.13 Friday
  • 13:20
  • 0
    • -
    • -
    • -

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>

    GoogleAdsense

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM