来年は成長率鈍化、世界経済3.2%・日本1.8%へ=世銀

  • 2004.11.17 Wednesday
  • 18:53
 [ワシントン 16日 ロイター] 世界銀行は、来年の世界経済の成長の速度はわずかながら鈍る見通しとする報告書をまとめた。

 報告書によると、世界経済は今年4.0%成長となり、その後、2005年および2006年の成長率は3.2%に低下するとしている。

 地域別では、日本経済の成長率が2005年に1.8%、2006年に1.6%と、今年の4.3%成長から伸び率が鈍化する見通しとなっている。また米国経済については、今年が4.3%、2005年が3.2%、2006年が3.3%の成長を見込んでいる。

 一方、東アジアの成長率は2005年に7.1%と地域別ではもっとも高い伸びとなる見通し。このうちけん引役となる中国経済は、今年8.8%成長が見込まれ、その後2005年に7.8%、2006年に7.0%へと伸び率の低下が予想されている。

 この他、南アジアは2005年に6.3%成長、また発展途上国全体の成長率は今年が6.1%、2005年が5.4%、2006年が5.1%となっている。

(11/17)


スポンサーサイト

  • 2018.06.23 Saturday
  • 18:53
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    GoogleAdsense

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM