スポンサーサイト

  • 2017.06.14 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    留学生新聞情報:豪州が留学生の就労を一律不許可か 〜ワーキングビザの延長拒否を宣言〜

    • 2015.08.14 Friday
    • 20:55

    ●豪州が留学生の就労を一律不許可か

    〜ワーキングビザの延長拒否を宣言〜

     

     豪州の中国語媒体「豪州網」は、豪州政府がこのほど打ち出した新たなビザ政策に関連して、豪州内の大学等を卒業した外国人留学生が現地企業等での就労を希望しても、ビザ申請自体を拒否されていると報じた。

     

    これに関連し豪州移民部は、卒業後すでにワーキングビザを所持し就労している外国人について、今後のビザ延長は認めないとする方針を813日に宣言している。豪州が加盟する英連邦の友邦国である英国の移民・安全事務大臣は、豪州政府の新方針について「増え続ける移民問題への対処の必要性から始まっている。(豪州人学生にとっての)優れた学習環境を確保するという狙いがあるのでは」と語った。豪州に留学する外国人の内訳では近年、中国出身者の存在が際立っていた。

     

     一方、豪州商務審査機構の関係者は、来豪留学生が豪州の不動産業や飲食業などに多大な経済的利益をもたらしてきたとした上で、「新たなビザ政策が留学生数の減少につながるような事態になれば、将来の豪州経済の発展にとって大きな足かせとなるだろう」と憂慮を表明した。

     

    豪州では留学生のアルバイトは週10時間までしか許可されておらず、週28時間(長期休暇中は18時間)まで認められている日本と比べても、働きながら学べる「勤工倹学」の許容度は狭い。更に、現行3年の「留学ビザ」の期限を2年に縮小する案も俎上に上っていると伝えられる。

     

    同様にカナダでも、留学生の卒業後の就業規制に向けた改革が検討されているが、こうした政策が、国の経済成長を損なうのではないかとの懸念の声が出ているという

     

    「内向き」志向に転じた国家による移民規制の動きは、今後、中国を始めとした主要な留学生送り出し国側の留学動向にも、少なからず影響を及ぼしそうだ。

    スポンサーサイト

    • 2017.06.14 Wednesday
    • 20:55
    • 0
      • -
      • -
      • -

      PR

      calendar

      S M T W T F S
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      << September 2017 >>

      聖学院大学入試

      GoogleAdsense

      PR




      GoogleAnalytics

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM