留学生誘致−富山県の試み(北圀・富山新聞から)

  • 2014.01.04 Saturday
  • 09:48
北國・富山新聞ホームページ - 富山のニュース
富山県は東南アジアなどから県内への留学を増やすため、情報発信を強化する。今春に は県内で学んでいる「現役留学生」からの投稿で、富山暮らしを紹介する多言語ポータル サイトを開設。現役留学生が富山の魅力をより深く体感できるようなイベントも企画して 投稿内容の充実を図り、インターネットを通じた口コミで留学先を探す若者の関心をひき 寄せる。  
留学を介して、順調な経済成長を遂げている東南アジアなどとの交流を活発化するのが 目的。グローバル展開を目指す県内企業の人材ニーズに応え、観光誘客の促進につなげる 狙いもある。  

多言語ポータルサイトには、現役留学生の投稿に加え、富山関連のトピックや特集など も掲載する。東南アジアで普及率が高い交流サイト「フェイスブック」や動画サイトと連 動させ、発信力を高めることも検討している。  

現役留学生向けのイベントとしては、県内の観光地や文化施設を巡るバスツアーなどが 想定されている。  

県によると、県内の大学、短大、高専に在籍する現役留学生は昨年5月1日現在で51 3人。近年はほぼ横ばいで推移している。国・地域別でみると、中国が348人で圧倒的 に多く、マレーシアが56人で続いているものの、そのほかはまだ少ないのが現状だ。

富山県の留学生は513人というのは確かに少ないですね。まずはホームページとソーシャルメディアの活用ということですね。

多言語化というのは面白いと思います。今年のテーマかもしれません。

ベトナム語とかタイ語、インドネシアあたりでしょうか。

本学でも昨年から少しずつトライしています。

留学生に協力をお願いするほか、前に紹介したことのあるサービスgengoを使っています。

学内での翻訳サービス立ち上げも面白いですよね。

協力してくれる学生は広報戦略室まで連絡してください。

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ADs

GoogleAdsense

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM