今年も留学生が着物体験

  • 2014.01.10 Friday
  • 09:44
留学生ら初詣 大宮氷川神社で羽織はかま、振り袖体験
さいたま市内の大学や日本語学校で学ぶ留学生らが、着物を着て同市大宮区の氷川神社に初詣をして、日本の正月文化を味わった。さいたま観光国際協会国際交流センターの人気企画。約80人の申し込みがあり、抽選でアジア、欧州、南米などの14カ国41人が参加した。  

氷川の杜文化館で、女性は彩り豊かな振り袖、男性は羽織はかまを着付け、初詣客でにぎわう氷川神社へ。拝殿では、日本人ボランティアの指導で、作法通り手を合わせた。なかには宗教上の理由で、参拝できない参加者もいた。

毎年、粕谷小夜子さんにコーディネートしていただいています。

聖学院大学の留学生が子ども大学で活躍

  • 2012.12.07 Friday
  • 12:18
聖学院大学には現在15カ国から240人以上の学生が学んでいます。その留学生が「子ども大学 あげお・いな・おけがわ」でボランティアをしました。



11月24日(土)に聖学院大学にて行われた、「子ども大学 あげお・いな・おけがわ」の様子。
上尾市、伊奈町及び桶川市内在住の小学校4年生から6年生が参加、大学の授業を一日体験しました。

『各国留学生のお国自慢』では、聖学院大学の留学生たちが、それぞれの国の民族衣装を着て、自国の文化や食べ物、地理や宗教などを小学生に紹介しました。


留学生3人展 京都

  • 2010.01.28 Thursday
  • 20:04


JUGEMテーマ:学問・学校


京で学んだ美 留学生3人展 左京 : 京都 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

京都の大学に通う留学生の美術作品を集めた展示「かんぱいぐらい〜京都で出会った3人の留学生の作品展」が、左京区の市国際交流会館で開かれている。3人は「たくさんの人に見に来てもらいたい」と呼びかけている。24日まで。  京都教育大に通うインドのシーマ・パンディさん(34)とアルゼンチンのルシアナ・ミシェルさん(31)、京都精華大で映像を学ぶジャマイカのオネイカ・ラッセルさん(29)。いずれも2008年10月に来日し、大学で美術を学びながら、制作を続けてきた。3月にシーマさんが帰国するのを前に企画した。


こういう取り組みいいですね。うちの大学でもできないかなあ。

とつぶやいてみます。

ほんとに何かイベントやれないかな。

企画してみたいのですね、広報として応援します!!

【関連記事】

(1)留学生の支援 あらゆる面で : 教育ルネサンス : 教育 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

聖学院大学入試

GoogleAdsense

PR




GoogleAnalytics

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM