スポンサーサイト

  • 2017.06.14 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    新宿でバーチャルロッカーという新サービスを始めた株式会社 C&Hがアルバイトを募集

    • 2016.10.07 Friday
    • 20:41

    バーチャルロッカーというコインロッカーの不便を解消する新しいサービスを始めた株式会社 C&Hがアルバイトを募集してます。

     

    勤務地  : 東京都 新宿区
    募集職種:接客・サービス
    雇用形態:アルバイト

    待遇条件:すぐに働ける方歓迎、未経験者歓迎、平日勤務、年齢不問、国籍問わない(日本語コミュニケーションに支障のない方)、制服貸与、交通費全額

    仕事内容:
    ・電話応対
    ・ティッシュ配り
    ・手荷物預かり業務
    ・その他(会社の事務関係)

     

    土日限定求人(4h以上稼働できる方)
    時給は、1100円(できれば都内の方が望ましい)


    勤務時間:土日 8:00-17:00(8H 実働)

     

    応募資格:とにかく、明るい・やる気がある方でしたらどなたもご応募頂けます。(できれば男性の方)

    面接日:随時可能 面談後結果通知

    採用担当:ムラトミ マコト

    お問合せ先

    株式会社 C&H
    〒160-0023 
    東京都新宿区西新宿7‐1‐7 新宿ダイカンプラザA館916
    Tel:03‐6908‐5311
    e-mail:info@caestia.co.jp

    (お使いのブラウザによってCLICKしてもメールソフトが起動しない場合があります。その時は上記アドレス宛にご自分のメールソフトで件名をアルバイトの件としてお送りください)
    公式ホームページ:http://vlocker.jp/

    アルバイト情報 人気の中華レストラン「黒猫夜」

    • 2014.04.25 Friday
    • 19:11
    留学生新聞ニュース
    2014.4.25

    ★話題のレストランが留学生アルバイトを募集!

    人気の中華レストラン「黒猫夜」が、留学生のアルバイトを募集している。「黒猫夜」は食べログで常に上位にランクしている著名店で、今回の求人は六本木と銀座の両店舗が対象。職種はホールスタッフで、時給1000円から(但し研修期間中の1〜2ヶ月間
    は900円)と待遇面でも魅力的だ。

    新年度に入り、新たな仕事を捜している留学生にとっては絶好のチャンス。応募条件は日本語で簡単な日常会話によるコミュニケーションができることとなっているが、中国出身者に限らず、あらゆる国籍の留学生が応募可能。勤務時間は16時〜24時の内、
    週3-4日間(最大週28時間)の範囲内で事前に相談できる。

    同レストランの採用担当者は「しっかりとした日本的経営を行っている店なので、留学生の皆さんがアルバイトを通じ日本で就業経験を積む上でも大いにプラスになるはず」と語っている。

    勤務地、待遇や応募方法など詳細は下記の通り。

     
    続きを読む >>

    人気の中華レストランが留学生アルバイトを募集!

    • 2013.09.05 Thursday
    • 21:17
     
     中国の郷土料理で知られる話題の中華レストラン「黒猫夜」が、事業拡大に伴い、留学生のアルバイトを募集している。「黒猫夜」は食べログでも常に上位にランクしている人気店で、赤坂、六本木の既存店に加え、近く銀座にも店舗を開く。職種はホールスタッフで、時給1000円から(但し研修期間中900円)と待遇面でも魅力的だ。夏休み明けに新しい仕事を捜している留学生にとってはまたとないチャンス。応募条件は日本語能力試験N2以上に合格しており日本語でコミュニケーションが出来ること。勤務時間は勤務する店舗により違いがある。

     同レストランの採用担当者は本紙の取材に対して「当店には中国駐在経験がある日本人経営者がおり、日中交流に精通している。留学生の皆さんの考え方にも共鳴できる部分が大きい。しっかりとした日本的経営を行っているので、アルバイトを通じ社会経験を積む上でも大いにプラスになるのではないか」と語っている。

     応募方法や勤務地、待遇など詳細は下記の通り。

    【「黒猫夜」アルバイト募集概要】

    ●職種:ホールスタッフ

    ●給与:時給1000円〜(研修期間は900円)
      ※22時以降は25%アップ
      ※オプション給与・ボーナス給、随時能力に応じ時給アップ

    ●勤務時間:
       【赤坂店】10:30〜14:30(週3日)、16:00〜24:00(週6日)
       【六本木店・銀座店】16:00〜24:00(週3-4日)

      ※日曜・祝日は定休日です。
      ※食事付き・休憩有り

    ●応募条件:日本語能力試験N2以上の合格者

    ●勤務地アクセス:
       【赤坂店】地下鉄銀座線・丸の内線 赤坂見附駅徒歩1分
       【六本木店】地下鉄日比谷線・大江戸線 六本木駅徒歩1分
       【銀座店】JR有楽町線 新橋駅、地下鉄銀座線 銀座・新橋駅徒歩10分

    ●応募方法:履歴書をe-mailか郵送で送って下さい。書類審査後、面接を行います。
     e-mail:taroo@sky.plala.or.jp
     郵送:〒107-0052東京都港区赤坂3-11-14ベルゴ905 太郎

    ●応募に関するお問い合せ:090-2173-4875(担当:田中)

    ※「黒猫夜」ウェブサイト:http://kuronekoyoru.com


    【プレスリリース】無料の外国人・留学生・外国語可能な方のためのアルバイトサイトを運営開始--株式会社ビーコス

    • 2013.07.25 Thursday
    • 11:38
    無料の外国人・留学生・外国語可能な方のためのアルバイトサイトを運営開始--株式会社ビーコス - SankeiBiz(サンケイビズ)
    株式会社ビーコス(所在地:東京都港区、代表取締役:金 春九、以下 ビーコス)は、外国人や留学生、外国語を話すことができる方向けのアルバイト求人サイトの運営をスタートしました。外国籍、外国語ができるアルバイトスタッフを必要とする企業や店舗と、アルバイトとして働きたい在日の外国人や留学生、外国語を得意とする日本人向けにサービスを提供し、双方のニーズを満たした上で、一つの国際交流のフィールドを作りあげる目標をもって無料で運営しております。

    【サービスの主旨】 日本で留学、生活をしている外国籍の方は220万人を超えています。その中で、日本語力が高くない方や、日本での就労経験のない方にとっては、生活費を稼ぐため、また、社会勉強をするために(特に留学生の方)、アルバイト探しのニーズが高くなっております。 また、現在の日本国内の外国人人材紹介・派遣などの業界は、基本的には新卒の大学生、社会人の方を中心にサービスを提供しており、アルバイトの紹介は、まだビジネスとして取り上げるのが現状では難しい状況です。 そこで、その方々に何かお役に立てる事をしたいと、今回完成したのが外国人・留学生のためのアルバイト情報の無料サイトです。

    無料の外国人・留学生・外国語可能な方のためのアルバイトサイト 
    トップページ
    http://www.parttime-jp.info/

    求人企業・店舗の登録ページ
    http://www.parttime-jp.info/company/register.aspx

    求職スタッフ登録ページ
    http://www.parttime-jp.info/staff/register.aspx

     登録後、ご利用頂ける機能が充実したアルバイト求人サイトとなっております。

    【主な機能】

    <求人企業・店舗>
    ◆求人情報登録機能(掲載件数制限なし)
    ◆応募者とのメッセージ送受信機能(面接などの調整はここでできます。)
    ◆スタッフ検索・スカウト機能(母国語、日本語レベル、在住地などで検索できます。)

    <求職スタッフ>
    ◆求人情報検索・応募機能(言語の種類・要求、勤務地、仕事内容などで検索できます。)
    ◆企業・店舗とのメッセージ送受信機能(面接などの調整はここでできます。)
    ◆スカウト受信機能 利用規約はこちらで参照:
    http://www.parttime-jp.info/companyguide/aboutUsing.aspx

    【株式会社ビーコスの会社紹介】 ビーコスは、2001年設立以来、外国人・外国語をキーワードに、人材紹介・人材派遣を中心に、新卒採用支援、国際交流企画にも携わり、これまで様々な形で在日、海外の外国人人材と、日本企業との架け橋として総合人材サービスを行って参りました。 これまでの取引企業は13,000社を超え、ビーコスは「外国人・外国語」の「総合商社」として知られています。

    ビーコスホームページ    : http://www.b-cause.co.jp/
    運営人材登録サイト『HIWORK』: http://staff.hiwork.jp/

     【会社概要】
    会社名 : 株式会社ビーコス(b-cause, Inc.)
    代表者 : 代表取締役 金 春九
    資本金 : 2,000万円 設立  : 2001年10月19日
    所在地 : 東京都港区浜松町2-1-3 第二森ビル4階
    URL   : http://www.b-cause.co.jp/
    事業内容: 外国人人材紹介・派遣・コンサルティング業務      
    多言語・希少言語(159ヶ国語)翻訳・通訳業務全般


    アルバイト情報:イタリアンレストランが留学生アルバイトを急募

    • 2013.02.08 Friday
    • 17:26
    留学生新聞ニュース 2013.2.8(アルバイト情報)

     ●イタリアンレストランが留学生アルバイトを急募!  

    上海を中心に中国で6店舗を展開している人気のイタリアンレストランCOLABOが、東京都内に日本第一号店をオープンするのに伴い、留学生のアルバイトを急募している。

    職種はホールスタッフ。
    応募条件は日本語の会話力(上級レベル)が必須で、飲食店・サービス業等での勤務経験や英会話力を持つ人が望ましい。

    同社では「美味しいものやワインに興味がある方向きの仕事。笑顔で気持ちの良い接客を心がけていただける方を求めたい」としている。  

    給与や勤務条件、応募方法は下記の通り。
    定員があるので希望者はなるべく早めの応募が必要だ。

    【求人概要】
    職種:イタリアンレストラン ホールスタッフ
    給与:時給1000円〜、時給アップ有り。
    勤務時間:15-25時(終電考慮)
    ※1日4時間以上、週3日以上から応相談。資格外活動許可の範囲内。
    ※当面はディナー営業のみ。
    定休日:月曜日
    勤務地(最寄駅):JR山手線「田町」駅徒歩5分、都営三田線「三田」駅徒歩5分
    応募条件:  
    ・日本語の会話力(上級レベル)必須  
    ・飲食店・サービス業での勤務経験ある方や英会話が出来る方歓迎
    応募方法:履歴書を下記までe-mailにて送付。  
    e-mail:irikawa_isola@yahoo.co.jp
    応募に関するお問い合わせ先:080-5447-7177(入川[いりかわ])

    運営:株式会社クイント
    【URL】http://www.isoladelnord.com

    【重要】アルバイト、入管当局が審査を強化

    • 2012.05.19 Saturday
    • 11:45
    留学生新聞ニュース
    2012.5.18号 

    ■留学生のアルバイト実態 入管当局が審査を強化

    〜都内で「28時間」超過による在留期間更新の不許可が多発〜

     新年度に入り、すでに1ヶ月以上が経過したが、首都圏の大学や専門学校で学ぶ外
    国人留学生の間で、在留期間の更新申請が認められず勉学を継続できないケースが例
    年になく目立っている。『留学生新聞』が入手した情報を総合すると、資格外活動
    (アルバイト)に関する入管法違反が原因となる事例が多く、法務省東京入国管理局
    でも注意を喚起している。

     日本の大学や専門学校等に在籍している留学生は、日本で在留するための在留資格
    「留学」を付与されているが、現行法では通常は2年(+3ヶ月)ないしは1年(+3ヶ月)
    で有効期間が満了となるため、日本語教育機関を経て入学する場合、通常は在学中ま
    たは入学前後に少なくとも1度は、最寄りの入国管理局で在留期間更新許可申請を行
    わなければならず、特に新年度入りする前後の時期にはこうした手続きがピークを迎
    える。

     『留学生新聞』が先週末から今週にかけて、東京都内に在住する不特定多数の留学
    生や学校関係者から独自に得た情報を総合すると、都内の大学や専門学校に在籍中の
    留学生で、入管当局に対して期間更新の申請を行ったものの、不許可となったケース
    が多数発生している。原因の大半は「資格外活動許可」違反とみられる。

     留学生は、本来の在留目的である学業に支障のない範囲でアルバイト等の「資格外
    活動」を行うことが、入管法上、認められているが、その時間数は1週28時間以内
    (長期休業中は1日8時間以内)と枠がはめられている。この制限時間を超過して働い
    た場合には入管法違反で罰則の対象となるほか、特にアルバイトを専ら行っていたと
    明らかに認められる時は、退去強制事由に該当する(入管法第24条第4号イ)。

     今回不許可となっている留学生の事案の多くが週28時間を超えてアルバイトに従事
    していたケースだが、中には在籍学校の授業出席率が100%に近い例もあるという。
    これについて東京入国管理局の関係者は『留学生新聞』の取材に対し「期間更新を審
    査する際には授業の出席率だけでなく、アルバイトで法令違反の実態がないかの確認
    も踏まえ、総合的に判断する」と述べ、仮に出席状況が良好であってもアルバイト
    の28時間枠を少しでもオーバーしている場合は、「在留状況が不良と判断され更新審
    査の結果に影響が及ぶ(法務省関係者)」原則にあらためて言及した。更に同関係者
    は、最近こうした実例が多いことを示唆し、在日留学生に対して法令を遵守するよう
    呼びかけた。

     留学生や学校関係者によると、東京入管では在留期間更新許可申請の審査にあたり、
    留学生の預金通帳の写しなど資格外活動の実態を裏付ける関係書類を個別に提出させ
    ており、アルバイト先からの入金額と突き合わせることで所定の時間を超えて就労し
    ていないかチェックしているが、判断の根拠はそれだけにとどまらない。事情に詳し
    い別の関係筋によると、入管当局は、アルバイトを含め外国人を雇用している全事業
    所の情報を有する厚労省管轄のハローワークとも連携しながら、留学生の資格外活動
    の実態把握を進めている模様だ。

     一方、留学生をアルバイトとして大量に採用しているコンビニエンスストアやファー
    ストフード、牛丼チェーンの中には、入管当局から留学生アルバイトの就業時間につ
    いて「28時間」規定を順守するよう求める文書を受け取ったところもあるようだ。東
    京入管の関係者はこれについて「特別な通達は出していない」としているが、都内の
    ファーストフードチェーンで店長を務める在日外国人は、こうした事実関係を認めた。
    また業界事情に詳しい別の外国人雇用主は「留学生を雇用する場合は(1か所ではな
    く)他のアルバイト先も含めて28時間以内ということが、最近は特に意識されるよう
    になってきている。現場ではあまり留学生を長時間働かせないようにしている」と語っ
    た。

     片や、こうした業界でアルバイトしている留学生の中には、就労先の店舗が人手不
    足で「最初に約束した時間を超えて働くよう、店主に強く言われた」といったケース
    もある。いずれにしても業界全体の「自主規制」が過剰な対応に発展するような事態
    になれば、ルールを厳守しアルバイトしている留学生にも、就労時間削減などの形で
    悪影響が及ぶ恐れがある。

     通常、個別留学生の資格外活動について、入管当局から法令に違反していると判断
    された場合には、出国準備を目的とした在留へと移行し期限内の帰国を求められるた
    め、その学生が引き続き日本で留学生活を継続することは困難となる。もっとも過去
    には、学校関係者からの異議申し立てを受けて判断が覆ったり、本国にいったん帰国
    後に学校長の推薦状と本人の釈明文を書面で提出し、在留認定からやり直して許可さ
    れた実例はあるという。ただこれらは極めてレアなケース。法務省では7月9日の「在
    留カード」導入を見据えながら、留学生を受け入れている大学や専門学校、日本語教
    育機関等の関係者に対して、アルバイト実態の把握と在籍管理の徹底を呼びかけてい
    くものとみられる。

     ちなみに、留学生のアルバイトについては、時間制限だけでなく、アルバイトが認
    められていない場所と職種も入管法施行規則に細かく定められている。受け入れ校と
    しては、普段から個別留学生のアルバイト内容、就業場所、就業時間等の情報を詳細
    に渡って把握し、雇用主の連絡先を確認しておくなど、従来にも増してきめ細かな対
    応が必要となりそうだ。

    ****************************************************************************
    **********************************************************
    ★上記のメルマガ内容、及び広告に関するお問い合せ・配信先変更・配信先追加など
    は、下記までお申し付け下さい。
     メディアチャイナ株式会社(留学生新聞)
      白石 誠 SHIRAISHI MAKOTO
      TEL/03-5458-4173
    FAX/03-5458-4175
    E-mail:bai@mediachina.co.jp
      「留新」ホームページ http://www.mediachina.co.jp/
      (留学生新聞ニュース
    2012.5.18号 

    ■留学生のアルバイト実態 入管当局が審査を強化

    〜都内で「28時間」超過による在留期間更新の不許可が多発〜

     新年度に入り、すでに1ヶ月以上が経過したが、首都圏の大学や専門学校で学ぶ外国人留学生の間で、在留期間の更新申請が認められず勉学を継続できないケースが例年になく目立っている。『留学生新聞』が入手した情報を総合すると、資格外活動(アルバイト)に関する入管法違反が原因となる事例が多く、法務省東京入国管理局でも注意を喚起している。

     日本の大学や専門学校等に在籍している留学生は、日本で在留するための在留資格「留学」を付与されているが、現行法では通常は2年(+3ヶ月)ないしは1年(+3ヶ月)で有効期間が満了となるため、日本語教育機関を経て入学する場合、通常は在学中または入学前後に少なくとも1度は、最寄りの入国管理局で在留期間更新許可申請を行わなければならず、特に新年度入りする前後の時期にはこうした手続きがピークを迎える。

     『留学生新聞』が先週末から今週にかけて、東京都内に在住する不特定多数の留学生や学校関係者から独自に得た情報を総合すると、都内の大学や専門学校に在籍中の留学生で、入管当局に対して期間更新の申請を行ったものの、不許可となったケースが多数発生している。原因の大半は「資格外活動許可」違反とみられる。

     留学生は、本来の在留目的である学業に支障のない範囲でアルバイト等の「資格外活動」を行うことが、入管法上、認められているが、その時間数は1週28時間以内(長期休業中は1日8時間以内)と枠がはめられている。この制限時間を超過して働いた場合には入管法違反で罰則の対象となるほか、特にアルバイトを専ら行っていたと明らかに認められる時は、退去強制事由に該当する(入管法第24条第4号イ)。

     今回不許可となっている留学生の事案の多くが週28時間を超えてアルバイトに従事していたケースだが、中には在籍学校の授業出席率が100%に近い例もあるという。
    これについて東京入国管理局の関係者は『留学生新聞』の取材に対し「期間更新を審査する際には授業の出席率だけでなく、アルバイトで法令違反の実態がないかの確認も踏まえ、総合的に判断する」と述べ、仮に出席状況が良好であってもアルバイトの28時間枠を少しでもオーバーしている場合は、「在留状況が不良と判断され更新審査の結果に影響が及ぶ(法務省関係者)」原則にあらためて言及した。更に同関係者は、最近こうした実例が多いことを示唆し、在日留学生に対して法令を遵守するよう呼びかけた。

     留学生や学校関係者によると、東京入管では在留期間更新許可申請の審査にあたり、留学生の預金通帳の写しなど資格外活動の実態を裏付ける関係書類を個別に提出させており、アルバイト先からの入金額と突き合わせることで所定の時間を超えて就労していないかチェックしているが、判断の根拠はそれだけにとどまらない。事情に詳しい別の関係筋によると、入管当局は、アルバイトを含め外国人を雇用している全事業所の情報を有する厚労省管轄のハローワークとも連携しながら、留学生の資格外活動の実態把握を進めている模様だ。

     一方、留学生をアルバイトとして大量に採用しているコンビニエンスストアやファーストフード、牛丼チェーンの中には、入管当局から留学生アルバイトの就業時間について「28時間」規定を順守するよう求める文書を受け取ったところもあるようだ。東京入管の関係者はこれについて「特別な通達は出していない」としているが、都内のファーストフードチェーンで店長を務める在日外国人は、こうした事実関係を認めた。
    また業界事情に詳しい別の外国人雇用主は「留学生を雇用する場合は(1か所ではなく)他のアルバイト先も含めて28時間以内ということが、最近は特に意識されるようになってきている。現場ではあまり留学生を長時間働かせないようにしている」と語った。

     片や、こうした業界でアルバイトしている留学生の中には、就労先の店舗が人手不足で「最初に約束した時間を超えて働くよう、店主に強く言われた」といったケースもある。いずれにしても業界全体の「自主規制」が過剰な対応に発展するような事態になれば、ルールを厳守しアルバイトしている留学生にも、就労時間削減などの形で悪影響が及ぶ恐れがある。

     通常、個別留学生の資格外活動について、入管当局から法令に違反していると判断された場合には、出国準備を目的とした在留へと移行し期限内の帰国を求められるため、その学生が引き続き日本で留学生活を継続することは困難となる。もっとも過去には、学校関係者からの異議申し立てを受けて判断が覆ったり、本国にいったん帰国後に学校長の推薦状と本人の釈明文を書面で提出し、在留認定からやり直して許可された実例はあるという。ただこれらは極めてレアなケース。法務省では7月9日の「在留カード」導入を見据えながら、留学生を受け入れている大学や専門学校、日本語教育機関等の関係者に対して、アルバイト実態の把握と在籍管理の徹底を呼びかけていくものとみられる。

     ちなみに、留学生のアルバイトについては、時間制限だけでなく、アルバイトが認められていない場所と職種も入管法施行規則に細かく定められている。受け入れ校としては、普段から個別留学生のアルバイト内容、就業場所、就業時間等の情報を詳細に渡って把握し、雇用主の連絡先を確認しておくなど、従来にも増してきめ細かな対応が必要となりそうだ。



    ■留学生のアルバイト 全国に9万2千人

    • 2012.04.26 Thursday
    • 06:17
    留学生新聞ニュース
    2012.4.23号 

    ■留学生のアルバイト 全国に9万2千人

     日本国内で企業や事業所にアルバイトの形で雇用されている外国人留学生が、昨年10月時点でのべ9万2260人に上ったことが、『留学生新聞』が入手した統計資料から分かった。現在、国内の大学や専門学校で学んでいる外国人留学生は13万8075人(同年5月現在)で、他に日本語教育機関に在籍中の学生が約2万5千人おり、両者を単純合算した約16万人強の在日留学生の内、少なくとも6割近くが何らかのアルバイトに従事している実態が裏付けられた。

     厚生労働省では平成23年10月に全国の企業及び事業所を対象に、外国人の雇用状況調査を行ったが、それによると全産業における外国人労働者は就労や技能実習、継続就職活動者(特定活動)なども合わせた総計で68万6246人となっており、この内13・5%を在留資格「留学」所持者による「資格外活動」が占めていることが明らかになっ
    た。

     「資格外活動」とは在留資格で認められた活動以外に、本来の在留目的に支障がない範囲で入管当局により許可される活動のことで、留学生については学業と並行し、原則として1週28時間以内(長期休業中は1日8時間以内)のアルバイトをすることが認められている。

     今回の厚労省統計をもとに留学生のアルバイト先を業種別に見ると、最も多いのは「宿泊業、飲食・サービス業」で4万3180人と全体のほぼ半数に及んでおり、これに「卸売業・小売業」(2万0872人)、「教育・学習支援業」(1万0638人)が続く。
     一方、外国人労働者全体の中では圧倒的な比重を占めている製造業の従事者は、留学生のアルバイト先としては6・1%(5635人)と極めて少ないのが特徴だ。

     また日本で就職(就労)している外国人の内、業種別では約2万人と最多の従事者がいる情報通信業においても、留学生の資格外活動者は730人とアルバイト先全体の0・8%に止まっており、職務経験を就職に繋げたいという理想とは裏腹に、就職とは関係性の薄いフィールドでアルバイトせざるを得ない留学生の実態が改めて浮き彫りとなっている。
     
     資格外活動に従事している留学生の数を都道府県別に区分すると、東京都(4万1728人)が全国の24・8%を占めており、東京以外では大阪府(7067人)、福岡県(5501)人、愛知県(5358人)、神奈川県(4354人)、千葉県(3283人)が多い。

     ただ、全外国人労働者に占める留学生アルバイトの比率では福岡県(35・4%)と京都府(27・8%、2432人)及び宮城県(26・6%、921人)が東京都(24・8%)を上回っており、特に福岡と京都ではアジアの玄関口としてのステイタスの高まりや、国際観光都市としての知名度アップが留学生アルバイトの雇用を増やし、地域社会に一定の貢献をしている実態が読み取れる。

     また中国出身者に目を向けると、資格外活動を行っている留学生は7万0720人(統計上、台湾出身者を含む)とずば抜けて多く、在日中国人労働者に占めるパーセンテージも23・8%と極めて高いことが特筆される。

     調査時期は異なるが、前出の留学生統計における中国大陸・台湾出身者の総数(約11万人)と照らし合わせると、実に留学生の3人に2人がアルバイトに従事している計算になる。この内、台湾出身者でアルバイトをしている留学生は少ないとされ、中国大陸出身者に限定すると、この割合は更に高まるものとみられる。

     一方で、韓国人留学生の資格外活動者数は5763人と全体(約2万)の3割弱に止まっており、中国出身者とは全く異なる様相を呈している。

    アルバイト情報 葵美術(東京都渋谷区)

    • 2011.05.30 Monday
    • 09:23
     ■留学生アルバイト情報
     
     美術品のネット・オークション販売などを手がける葵美術(東京都渋谷区)では、留学生のアルバイトを急募している。業務内容は、商品の写真撮影や発送作業などの事務手続き。募集条件などは下記の通りとなっている。同社は顧客から一日1千件近いアクセスがある老舗企業で、これまでも外国人アルバイトを採用した経験がある。

    ☆アルバイト募集概要

    応募条件:未経験者歓迎。但し絵を描くことが好きな方優先。
    勤務条件:勤務時間、その他の条件については面談の上、要相談。
    待 遇:時給800円(見習い期間)から能力に応じ昇級。交通費全額支給。
    勤務場所:都内(渋谷区代々木4-22-11=最寄り駅:小田急線参宮橋駅)
    応募方法:メールまたは電話にて連絡。
     メール:info@aoi-art.com
       TEL:03-3375-5553

    アルバイト情報 − J-Life

    • 2010.05.28 Friday
    • 09:40
     外国人留学生のためのアルバイト最新情報-中国語韓国語英語その他言語ができる留学生向けアルバイト--J-Life

    良質なアルバイトの情報が掲載されています。

    詳しくは上記リンクを見てください。

    求人介護ヘルパーを募集中!(留学生大歓迎)

    • 2008.11.20 Thursday
    • 20:14
    留学生新聞ニュースWEEKLY号外
     2008.11.19号 〜アルバイト情報

    上記よりの情報です。

    ●求人介護ヘルパーを募集中!(留学生大歓迎)

     株式会社ウェルでは、求人介護業務に携わる外国人アルバイトを大募集している。同社では、日本の公的な介護資格である介護ヘルパー2級の資格取得を支援しており、希望者に対しては資格取得に要する費用の全額または半額を会社が負担するという。

    専攻学部などは問わないが、福祉系の学部・学科などに在籍する留学生にとっては、企業の現場で専門知識を活かすことができる上に、資格取得にも挑戦できる絶好のチャンスだ。
     興味のある方は下記まで問い合わせの上、履歴書を送付のこと。

    ※応募・問い合わせ先:株式会社ウェル (担当/西山) 
     〒140-0004 東京都品川区南品川5-11-50-205 
     TEL 03-5461-4727 

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    聖学院大学入試

    GoogleAdsense

    PR




    GoogleAnalytics

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM